早起きが苦手だったのに毎朝気持ちよく起きられるようになった3つの方法

どうも!うむ(watermouth2017)です!

この記事では早起きが誰でも気持ちよくできるようになる方法を紹介しています。

早起きしなくちゃと心では思っていても、休みの日になるとお昼まで寝てしまうこととかありますよね。

そんな悩みはある3つの方法を実践して、習慣化することで解決します。

この3つの方法を知っているだけで、毎朝起きるのが楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

1.早起きを始めた理由

早起き

今までの僕の生活は深夜2時に寝て、6時30分に起きるショートスリーパーな生活を送っていました。

その結果、最近胃が痛くなったり体調がすぐれない日があったりと自分の体に悪い変化が怒っていることに気づいたんです。

しかし、病院嫌いな僕は病院に行って診てもらうことはしたくなかったのでとりあえず体の管理から始めようと思いました。

そこで、まずは生活習慣の見直しに目をつけ早起きを始めてみようと決意しました。

スポンサーリンク

2.早起きが苦手 なボクが早起きを習慣化できた3つの方法

僕が実践した中で早寝早起きを習慣化できた理由は3つありました。

もちろん早く寝る以外に有効な手段はありませんが今回はそれを除いた3つの方法です。

  • 早起きのメリットが凄すぎることに気づく
  • 朝起きた時の楽しみを作る
  • 暖かいお風呂に入る

①早起きのメリットが凄すぎることに気づく

これは僕が実際に何日か早起きをしてみて感じた早起きのメリットです。

これがモチベーションになって早起きが続いているのも1つの理由です。

早起きのメリット
  • 朝ごはんが美味しい
  • 朝の時間が有効的すぎる
  • 朝から頭がさえまくる
  • 規則正しい時間に睡魔がきて自然と早寝早起きになる 

【1】朝ごはんが美味しい

早起き

ギリギリの時間に起きて着替えて身だしなみを整えて家を飛び出るという生活を送っていた僕はしっかりとした朝食の時間というものがありませんでした。

食べる時間があっても急いで食べるから美味しく感じないし、飲み物で流し込んでしまうから胃の負担にもなってしまう。

今考えてみればデメリットしかありませんでした。

しかし、早起きをはじめてからは朝に時間ができゆとりを持つことができるようになったので今はこんな生活をしています。

朝日を浴びながら淹れたてのコーヒーを片手にフレンチトーストを頬張る。

最高だと思いませんか?

朝から料理ができるほど時間に余裕ができたために、ゆっくりと美味しいものを味わって食べることができる

今まで僕が食べていたのは犬のエサだったかのように質素に感じます。

おまけに胃の調子も悪くなるなんてことは無くなりました。

【2】朝の時間が有効的すぎる

余分な時間ができたことにより朝のニュースや天気をしっかり見ることができたり、読書の時間も作って朝から有意義な時間を過ごすことができます。

天気を把握していれば傘を忘れるなんてこともめったになくなりましたし、何よりニュースを見ていることでそれが会話の糸口になったりして社内や客先で会話が弾むことも多くなりました。

そして、朝から自己啓発本の読書タイムをはじめてみたら情報がドンドン頭にインプットされていくのがわかりました。

ほかのことは何も考えずに読書に集中して必要な情報だけが頭に入ってきます。

いままで早起きしていなかったボクは本当に人生の時間を無駄にしていました。

【3】朝から頭がさえまくる

読書した情報が頭にすごく入ってくるというのもその1つですが、仕事までの時間に余裕があるので脳がその間に準備運動を終わらせたかのようなパフォーマンスを発揮できることを実感しました。

いままでは会社についても頭がボーッとしている感じが何分かありましたが、朝からの会議でも次々に意見や考えが浮かんできて、その案が採用されることも多くなりました。

【4】規則正しい時間に睡魔がきて自然と早寝早起きになる

無理に早寝早起きをしようとしなくてもいいんです。

早起きを習慣化すれば自然と早寝早起きが習慣化されてきます。

早起きをした分、夜になったら睡魔が来る時間もその分早くなります。

その睡魔に従って眠りにつけば、心地よい睡眠を得ることができ早起きにもつながり自然と好循環になっていきます。

②朝起きた時の楽しみを作る

起きた時のご褒美というか、朝起きるとこんなメリットがある!というのを自分で作っちゃうんです。

僕の場合でいえば、コーヒーが好きなのでいつもより少し高めのコーヒー豆を買いました。

すると、朝早く起きると美味しいコーヒーを味わいながら飲むことができるという楽しみができました。

これが楽しみで起きる理由の1つになれば、早く起きもできながら美味しいコーヒーも飲める。

あなたも何か1つ朝起きる楽しみを作ってみて下さい。

③暖かいお風呂に入る

どうしても一人暮らしだとシャワーを浴びるだけで、湯船につかるという習慣がなくなりがちですよね。

でもたまには湯船につかってみてください。

疲れもスゥ~と抜けていって心地よい睡眠に導いてくれます。

寝る2時間ほど前にお風呂に入るのがベストです。

体温に落差があるときに眠りにつきやすいと言われているので、布団に入ればぐっすりと眠ることができますよ。

3.まとめ

さて、この記事では早起きが誰でも気持ちよくできるようになる方法を紹介しました。

  • 早起きのメリットが凄すぎることに気づく
  • 朝起きた時の楽しみを作る
  • 暖かいお風呂に入る

この3つの方法を参考に明日から早起きを始めてみて下さい。

早起きには三文以上の徳があると思います!

  • 朝ごはんが美味しい
  • 朝の時間が有効的すぎる
  • 朝から頭がさえまくる
  • 規則正しい時間に睡魔がきて自然と早寝早起きになる 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは、うむ(watermouth2017)でした!

人生でやらない10の習慣を意識して、時間と密度を有効化しよう!

2017.10.19

コメントを残す