一人暮らしをする前に知っておきたい究極の生活術7選

どうも、うむ(@watermouth2017)です!

この記事では、一人暮らしをする前に知っておきたい生活術を紹介しています。

初めての一人暮らし、今まで親がやってくれていた家事全般を自分一人でやっていくのは不安ですよね。

その不安を解決するのが、「一人暮らしをする前に知っておきたい生活術」です。

この生活術を知っているだけで、初めての一人暮らしでの時間短縮や効率化、節約に繋がります。

最後までぜひご覧ください。

スポンサーリンク

1.ご飯を炊いたら冷凍しよう

一人暮らしの生活術

日本人たるものお米は必ず炊いて食べると思います。

お米を炊くときは食べる量よりも多く炊いて、冷凍しておくのが基本です。

一人分だから1合だけ炊くのではなく、3合炊いて余った分はサランラップに包んで冷凍しておきましょう。

多めに炊いて冷凍しておくことで次の時短にもなりますし、電気代の節約にもなります。

目分量で測って包んでいくとご飯の量が多かったり少なかったりして食事量のバランス崩れてしまう可能性があるので、お茶碗にご飯をよそってそれを1食分として包むのがおススメです。

ポイント
ご飯を炊いたら食べる分だけすぐによそって、炊き立てのご飯を冷凍するようにしましょう。保温状態が続いた後に冷凍するとご飯が固くなり美味しくありません。

スポンサーリンク

2.お風呂用のタオルはミニバスタオルが便利

お風呂用のタオルと言えばバスタオルが一般的ですがミニバスタオルがお勧めです。

6~8畳くらいの一人暮らしの部屋で部屋干しをする時のスペースはそこまで広くなく限られています。

バスタオルは大きいし、毎日使うから干す時にかさばって大変ですよね。

かといってフェイスタオルで体を拭くには小さすぎるし・・・。

そんな悩みを解決するのがミニバスタオルです。

コメントを残す