一人暮らしのインテリア をお洒落にする方法

一人暮らしのインテリア

一人暮らしのインテリア

初めての一人暮らし、あたらしい真っ白なお部屋をコーディネートするのって以外とむずかしいですよね。

今回は、これをやれば間違いなくおしゃれな部屋に仕上がる!という方法をご紹介します。

スポンサーリンク

インテリアの基本

インテリアをコーディネートするのに基本になってくるのがインテリアの配色です。

ココを間違えてしまうと、部屋がごちゃごちゃして汚くみえたり、部屋が狭く感じたりもしますので配色というのはすごく重要です。

でも配色を考える基本的な事として明度とか彩度とか類似色とか言われても、なにそれ美味しいの?て感じですよね。

正直にいうと、ボクもそんなのまったくわかりません。

では、サルでもわかるような間違いないインテリアの配色をお伝えしますね!

スポンサーリンク

配色はこの色でインテリアを選べば間違いない!

これはもう完全にボクの経験なのですが、この配色をやれば間違いなくおしゃれに仕上がります。

配色

「緑、茶、黒、白」この4色でインテリアをコーディネートすれば統一感も出て、おしゃれに見えます!

実際にボクの部屋もいまこの4色で完全に統一されています。

インテリアの配色の使い方

では、この4色で「はいどうぞ、家具を買ってきてください」って言われても漠然としすぎて迷っちゃうのが普通だと思います。

なのでどの色をどんな家具に使うべきなのかを説明していきますね。

緑・・・観葉植物、造花、カーペット

茶・・・机、TV台、小物(ティッシュケース等)、ベッド、立て鏡

黒・・・家電

白・・・

考え方はいたってシンプルです。

基本的に壁は白だと思うので、家具は基本的に茶色、冷蔵庫やテレビなど家電は黒でそろえましょう。

黒×緑、茶×白というのはとても相性が良く、おしゃれな雰囲気にみえます。

ただ、この4色なら色の中身が変わっても変になることはないと思いますよ。

こんな感じに配色を変えてもすごくおしゃれに見えますよね。

一人暮らしのインテリア一人暮らしのインテリア一人暮らしのインテリア

 

間接照明の使い方

配色だけでも十分おしゃれに見えますが、プラスワンアイテムとして間接照明を使えばだれを家に来ても自慢できるおしゃれな部屋に大変身します。

夜になったら間接照明の優しい光に包まれて、昼とは違った雰囲気を楽しめます。

女の子を連れ込めばいい雰囲気になる可能性もアップするかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

「部屋が簡単におしゃれになるテクニック」、どうぞご活用くださいませ。

家具えらびは、ニトリやイケア、LOFT、無印良品。

出かけるのがめんどくさければ通販でも。

身近なところに低価格な家具はたくさん潜んでいます。

配色を頭に入れて、一度ショッピングしてみてください。

部屋をコーディネートするのが楽しくなりますよ!

コメントを残す