行動と継続は小さな目標とモチベーションが大切!?

どうも、うむ(@watermouth2017)です!

この記事では、行動と継続の重要性について紹介しています。

行動を起こすこと、何かを継続することって難しいですよね。

それをするためには小さな目標とモチベーションがカギになってきます。

この小さなことを積み重ねるだけで簡単に継続することができるようになりますよ!

スポンサーリンク

1.行動することの難しさときっかけ

うむ
転職したい、資格を取ってみたい、字がうまくなりたい。

日々、生きている中で「あれをやってみたい」、「これもやってみたい」といろいろ挑戦したいものは必ずしもあると思います。

僕もついこの前まで、今の会社を辞めて好きなことで生きていこうと思っていました。

でも、これがなかなか行動できないものなんですよね。

どんなに行動しようと意気込んでも「うまくいかなかったらどうしよう」とか、あとのリスクばかり考えてしまってなかなか行動できないんです。

でも、僕はこれを決意し行動することができました。

それはなぜか、きっかけです。

以前、「腐った社会にとらわれない為に僕が下した決断と人生」にも書きましたが、僕以外の社員が全員やめてしまったんです。

決断せざるを得ない強引なきっかけかもしれませんが、どんな理由であれこのきっかけがあったからこそボクは決断し行動することができました。

その結果、興味のあることもはじめることができましたし、懸念していたことも考えずに日々過ごしています。

なにを言いたいかというと、変なリスクばかり考えても何も始まらないということ。

そんなことを考えている時間があるのならば今すぐにでも行動に移したほうが、人生楽しいです。

もし、いま決断できずに迷っている人がいればあとのことは考えずに無理やりにでもきっかけを作って行動してみてください。

スポンサーリンク

2.きっかけの作り方

きっかけ

無理やりきっかけをつくるといってもどうしたらいいのかわかりませんよね。

僕は行動を起こすきっかけの一番簡単な要因は「環境」だと思います。

たとえば字がうまくなりたくて書道教室に通おうと思っているけどなかなか行動に移せなければ、1万円の筆を買ってみましょう。

「形から入るタイプ」とはよく聞きますがボクはそれは正しいと思います。

それは高い筆を買ったという環境の変化により、書道教室に通わざるを得ないきっかけになります。

生活費を無理に削ってとは言いませんがモノを買うということにより使わなければもったいないという精神がきっと行動を起こすきっかけになってくれます。

うむ
筋トレを始めるためにダンベルを買ったよ!

3.行動と継続の方程式

行動と継続

行動することと継続することはセットだとボクは思っています。

どれだけ行動しようとも、それが継続できなければ恐らく結果はでて来ないでしょう。

例えば僕は、筋トレをしてレイザーラモンHGくらいのマッチョになろうと意気込んでもなかなか続かず気づいたらやらない日が続いていました。

その結果、マッチョになることはできませんでした。

ここでこの方程式が成り立ちます。

行動と継続の方程式
行動 × 継続 =結果

例え「10」行動しようとも継続が「0」であれば、「10×0=0」結果はゼロなんです。

字がうまくなりたくて書道教室に通っても、テニスがうまくなりたくて練習を始めても、継続しなくては力にならないのです。

4.小さな目標とモチベーションを作れ

「継続は力なり」とは言いますが、継続することって本当に難しいんです。

でも継続できない人には共通してあることが欠けています。

それは、目の前の小さな目標を立てていないこと」「モチベーションがないことです。

継続できない人はついつい大きな目標を立てがちです。

ボクの筋トレの例で説明すると、レイザーラモンHGくらいのマッチョって漠然としてますし大きな目標ですよね。

たとえ数か月筋トレしたところであそこまでの肉体を手に入れることは不可能でしょう。

うむ
ここが問題なんです!!

目標に対して、なかなか結果が出ないこと。

大きな目標を立ててしまうと、もちろん達成したときはすごく気持ちいいし達成感に浸れると思いますが多くの人がそこに到達するまでに挫折してしまいます。

それはなぜか、あきらかなモチベーション不足です。

人というのは単純なものでモチベーションが下がれば継続できません。

①まずは、小さな目標を立てる

行動と継続

どんなに小さな目標でもいいんです、たとえば毎日、腕立てと腹筋を10回ずつやる。

これくらいの目標なら続けられそうな気がしますよね。

小さな目標でも達成感は生まれます。

それが明日のモチベーションにもつながってくるんです。

何日もその小さな目標を達成しているうちに、だんだんと今日はあと10回ずつやってみようとモチベーションに合わせて向上心も生まれてきます。

その結果、ボクは今まで1週間しか続かなかった筋トレが3カ月続いて少しずつですが筋肉もついてきています。

これは仕事でもいえることで、いろいろな業務があるなかで最初に難しい業務をしてしまうと、いき詰ってあとの簡単な業務も面倒くさくなってしまった経験はありませんか?

これも筋トレと同じです。

小さな簡単な業務から進めれば、いくつもの簡単な業務を終わらせるという目標を達成できるためモチベーションにつながり後の難しい業務にも勢が出るということです。

ポイント
些細なことでいいんです、まずは小さなことから目標にしてみてください。

②毎日の結果を数字にしてみる

行動と継続

結果が目に見える数字で確認できることは明らかなモチベーションに繋がります。

ブログでもこうして書いていると、呼んでくれる人が増えればもちろんモチベーションも比例して上がります。

上で話した筋トレで考えてみると、毎日10回続けていることを数字として見てみましょう。

1日目10回、2日目10回、3日目10回、4日目10回、5日目10回・・・。

こうしてみてみると、目標は達成しているのになぜか達成感を感じなくなってくるんですよね。

そうなると人間は新たな向上心が出てきて今日はあと2回だけ多くやってみようとか自然に思うようになるんです。

すると結果も、6日目12回、7日目15回、8日目15回、9日目17回、10日目20回・・・。

小さな目標をクリアして生まれた向上心が新たなモチベーションを生み、最終目標へと導いてくれます。

ポイント
スマホのメモ帳機能でもいいですし、ノートに書き込んでもいいでしょう、小さな目標の結果を数字で見る習慣をつけてみてください。

5.まとめ

さて、この記事では、行動と継続の重要性について紹介しました。

もし、いま何かを始めようと迷っているひとがいればリスクなんか考えずに始めてみてください。

始める決断ができなければ環境を変えて行動を起こさざるを得ない状況に自分を追い込んでみてください。

始めることができたら、小さな目標を達成して結果を数字で見てみてください。

きっとその行動と継続はあなたの未来を変える一つの理由になるはずです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは、うむ(@watermouth2017)でした!

人生でやらない10の習慣を意識して、時間と密度を有効化しよう!

2017.10.19

コメントを残す