たったこれだけ!固定概念にとらわれない為に意識する4つの行動

どうも、うむ(@watermouth2017)です!

この記事では、固定概念にとらわれないために意識する4つの行動を紹介します。

日々、生活している中でいろんな選択肢や方法があるのに自分の固定概念に縛られて可能性を削ってはいませんか?

固定概念というのは、自分では気づかないうちに縛られているものです。

しかし、生活のなかでたった4つのことを意識するだけで固定概念の束縛から抜け出せます。

この4つの行動を知っているだけで、あなたの人生が変わっていくかもしれませんよ。

スポンサーリンク

1.気づかないうちに固定概念にとらわれている

オーストラリアに住んでいる友人からこんな話を聞いたことがあります。

友人
オーストラリアでは結婚するのではなく、事実婚として生活している夫婦がほとんどなんだよ。

日本では婚姻届けを提出して結婚するのが当たり前ですが、海外では事実婚という形で夫婦生活を営む人が多いということ。

そうすることで結婚すると無くなってしまう様々なメリットがあるそうです。

これが海外では当たり前でも、日本では全然浸透していない理由は「夫婦=結婚」という固定概念に縛られているからです。

 

自分の先入観だけで物事を考えていると、それが固定概念となり新しい方法を見つけようとしなくなります。

他の人から言われた一言でその固定概念から抜け出せることもあれば、一生その固定概念とともに生きていくこともあります。

自分が固定概念にとらわれていることに自然に気づけるようになれば効率よく生きていくことができるのかもしれません。

スポンサーリンク

2.固定概念にとらわれない為に意識する4つの行動

気づかないうちに固定概念にとらわれているというお話をしましたが、普段から意識していればその固定概念に気づくことができます。

以前、「行動と継続は小さな目標とモチベーションが大切」でも書きましたが行動しなければ何も始まりません。

固定概念にとらわれない為に、今から紹介する4つの行動を明日から意識してみて下さい。

①先入観を捨て可能性を信じる

自分だけの知識や経験だけで考えているとどうしても新しい可能性を見つけることはできません。

まずは先入観を捨てて真っ白な状態で考えるクセをつけましょう。

いつもやっていることでも、1から方法を考えてみるといろんな方法が見えてきます。

先入観に頼らず、自分の限りない可能性を信じて挑戦してみて下さい。

②たくさんの人と話すして情報を共有する

自分の知っている情報には限りがあります。

そして、その持っている情報は人それぞれです。

自分の中では当たり前のことでもその情報が人のために、人の情報が自分の為になることがあります。

自分では気づくことのできない固定概念を、人と話して情報を得ることで気づくことができます。

③ニュースを見て新しい情報を取り入れる

この世界では毎日、新しい情報がたくさん生まれ溢れています。

その中には今までの常識を覆すような情報もあれば、自分の固定概念を覆すものもあります。

スマホやテレビ、ラジオといった情報機器やSNSなどリアルタイムの情報を得ることを積極的に行いましょう。

情報を得るための1つの簡単なツールとして下記のアプリを紹介しておきます。

スマートニュース - 朝1分のニュースが人生を変える
【スマートニュース – 朝1分のニュースが人生を変える】
開発元:SmartNews, Inc.
無料
posted with アプリーチ

④常識に流されず常に疑問をもって考える

常識というのもある意味、固定概念です。

たとえば、日本では何度も転職することが悪く思われがちですが、海外ではスキルの多い人間として認められるそうです。

今まで守ってきた常識が正しいとは限りません。

その常識は本当に世をよくするものなのか、効率は上がるのか常に疑問の目をもって考えてみましょう。

3.海外旅行は固定概念と向き合う一番の近道

日常的に行える意識的な行動を4つご紹介しましたが、固定概念と向き合う1番の近道は海外旅行です。

この本文中に2つの海外での常識を紹介しました。

  • オーストラリアでは結婚ではなく事実婚として夫婦生活を営む
  • 転職は非ではなくスキルが多いとみなされる

この196か国ある世界の中で、日本だけにとどまっていては固定概念が染みついてしまうのも無理ありません。

日本では考えられない海外の文化や常識と触れることで固定概念を見直すきっかけになります。

海外旅行に行くと価値観が変わったというのはよくある話で、日本では非常識なことが海外では常識だったりもします。

自分の常識や固定概念が全く通用しない丸裸の状態で海外旅行に行くことでいろんな角度から物事を考えるようになります。

日々の意識的な行動ももちろん大切ですが、固定概念から解かれるには海外旅行が一番の近道です。

4.まとめ

さて、この記事では固定概念にとらわれないために意識する4つの行動をご紹介しました。

  • 先入観を捨て可能性を信じる
  • たくさんの人と話して情報を共有する
  • ニュースを見て新しい情報を取り入れる
  • 常識に流されず常に疑問をもって考える

自分の固定概念を取り払うにはいろんな角度から物事をとらえ、関わっていくことが大切です。

他人の考えを片っ端から否定するのではなく、どんな意見もまずは肯定して考えてみましょう。

自分とは違う考えを持っているからこそ固定概念を取り払うきっかけになります。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは!うむ(@watermouth2017)でした。

ゆとり世代の仕事観は間違っているのか?【ゆとり世代が真剣に考えてみた】

2017.11.04

行動と継続は小さな目標とモチベーションが大切!?

2017.10.06

コメントを残す